9月 2nd, 2017 by 中古ピアノ 専門店 ジャパンピアノサービス

◆YAMAHAグランドピアノC3E ご購入の T様宅を訪問◆

今回お邪魔したT様のお宅は埼玉県ののどかな田園が広がる自然豊かな住宅地。
以前から当社をひいきにしてくださっているピアノ教室の先生の紹介でご購入していただきました。C3E

ピアノの先生はご自身のピアノも含め、何度もピアノ選定のご経験や音色やタッチの判断にも精通していらっしゃいます。これは一般的に、選定のご経験が少ない方でもピアノ教室をされるレベルまで専門に勉強してこられた人であれば自然と身についてくるもの。もし、ピアノの購入やレンタルをご検討なさっているけれど、ピアノ選びに迷っているような場合は、ピアノ教室の先生にご相談いただくのも賢いお買いものをする一つの手段かもしれませんね。新品でも中古でも、しっかり選んでご購入すれば、納得のピアノに出会えるのではないでしょうか。
さて、早速お話を伺ってみましょう!


◆ピアノの印象は?

T様:
毎日、帰ってくるたびに笑みがこぼれます。わ~ピアノがある!みたいな感じです。
親にピアノを買おうかと思っていることや、1993年製のC3Eと2008年製のC3で迷っている、と話すと新しい方が絶対いい!と言われていました。確かに、一般的には何でも新しい方がいいですよね。でも音が良かったから古い方のC3Eにしたことを伝えたら、私と同じくらいの年齢じゃない!?もうボロボロになっているんじゃないか…と心配していましたが、ピアノが届いてみたらもう本当にきれいだから驚いていました。C3E
JPS:
お使いになる方それぞれですが、中古の場合は前オーナー様が大切に使っていてくださったピアノは工房で簡単なクリーニング作業を施すだけで、このように非常にきれいな状態に戻ります。

◆ピアノの搬入について

JPS:
そういえば、当初、窓からの搬入と伺っておりましたが、実際にお宅を拝見してみると軒についている雨除けが少々干渉したのではないかと思いますが、大丈夫でしたか?
T様:
運送の現場担当の方から窓よりも玄関からの方が簡単に入ります、と仰ったので現場判断でより安全な搬入方法に変更しました。結果的に、すんなり入りました。道路からの距離的には絶対窓からだと思っていました。開口部も大きいし。
JPS:
当社手配でしたが、納品調律のピアノの調律師さんはどのような印象でしたか?
T様:
ピアノ教室の先生のお宅のピアノも担当されている方で、調律だけに留まらず、修理や整音のご経験も豊富なようなので安心です。先生にも技術面含め、とても信頼できるいい人だと、太鼓判を押していただいています。

◆ピアノ選びについて
T様のご選定はピアノ教室の先生からのご紹介だったので
先生による事前試弾→感想やアドバイス→ご本人様試弾の上、購入ピアノ決定
という流れでした。

JPS:
倉庫での試弾とご自宅でピアノを弾いたときとの印象の違いや、このピアノを選んだ理由などをお聞かせください。
T様:
試弾の時と家での音の差はあまり感じませんでした。先生には、倉庫では天井高や床の材質で響き過ぎるけれど、家では全然違っているから、それが原因でせっかく買ったピアノをすぐに買い直したような人もいるから試弾よりは確実に響きが悪くなると思って…と言われていましたが、実際はそんなでもなくてとても満足しています。C3E
JPS:
ピアノはずっと前から?
T様:
小学校6年生くらいまではやっていましたが、引っ越しすることになったのでそのタイミングでやめてしまいましたが、大人になってからまた始めました。
少し前に家も購入したのですが、もうその時点でピアノを置きたい、という気持ちがありました。とはいえ、ピアノも家も大きな買い物なので、先生に相談しました。家もそうだけど、ピアノを買うのって資金が貯まるまで、いいピアノが出てくるまで、とかいろいろ思っていたら買えないじゃないですか。思い切って決断して買わないといつまで経っても。先生に相談していいピアノを探してもらって、試弾したら結構よかったので、決めました。
JPS:
JPSをお選びいただいたのはどうしてですか?
T様:
先生の紹介もありますが、スマホでWEBサイトを見ていましたが、他の楽器屋さんに比べて画像が多いのと動画があったりして見やすかったのが良かったです。他は画像も情報も少なめで、見に行かないと詳細が分からない感じでしたが、それでは逆に見に行きづらいように感じます。

お仕事も結構ハードスケジュールのようで、なかなか集中してピアノを弾く時間を作り出すのが大変そうでしたが、ぜひ長く続けていってくださいね!

C3E
この度は、貴重なご意見ご感想、ありがとうございました。

今後とも末永く、このピアノをよろしくお願いいたします♪

Posted in お客様インタビュー Tagged with: ,

2月 7th, 2017 by 中古ピアノ 専門店 ジャパンピアノサービス

ジャパンピアノサービスからピアノをご購入頂いたお客様を訪問し、お話を伺ってきましたのでご紹介します♪(^^♪♪

☆実は今回のお客様は当社で工房に在籍しているスタッフのお宅で、奥様がご自宅でピアノ教室をなさっています。
(ちなみに当社スタッフである旦那様はSAXがとても上手♪♪)

自分が働く会社の中古ピアノを気兼ねなく購入できるというのは、中古でも本当に丁寧に仕上げ、内外とも妥協しない当社のピアノの品質へのこだわりが現場でも浸透しているという事だと思います。(自画自賛ですねw)

 

 

 

 

◆ピアノの搬入

K様:
問題なかったです。早くてきれいに入れてもらいました。
JPS:
ピアノ本体は問題ありませんでしたか。
K様:
特に気になることはないです。

◆付属品について

JPS:
付属品についてはいかがですか?
K様:
特には問題ないです。毛バタキもちょうど同じ色の椅子があったので良かったです。

◆ピアノ選びや調律について

JPS:
倉庫で試弾したときとの違いはありましたか?
K様:
試弾の際は天井が高かったのと床が鉄板だったので少し響きすぎていた気がしましたが、自宅の部屋に入れたらそうでもなかったです。調律師さんは部屋の反響の具合がかなりデッドなのでいい具合に響きが抑えられている、と言っておられました。(ご試弾は倉庫の展示室の外でした)
JPS:
反響が少ないのは楽器を練習する上ではとてもいい環境だと思います。お風呂みたいな響くところで歌うと実際より上手に聞こえるのと同じなので。
K様:
ピアノ自体が伸びのある音なので弾いていて楽しいです。以前のピアノはなかなか伸びなくてだんだん段々嫌になってきて本当に練習するのが苦しかったです。でも高価なものなのでなかなか買い替える!!とは言いにくいし。調律師さんには「こういう音、ああいう音に、、、」って注文していましたがなかなか思うように鳴らなくて。
JPS:
それを直すのなら弦の張り替えとかが必要だったかもしれませんね。
K様:
そうですよね。それも結構お金のかかることだし。思い切ってピアノを買い替えてよかったです。音のいいピアノで弾けるってこんなに気持ちのいいことなんだ!!って思いました。
JPS:
納品調律は当社委託の調律師さんが伺ったと思いますが、今後の調律はどうなさいますか?
K様:
前に所有していたグランドピアノはずっと同じ調律師さんにお願いしていたのでそのままお願いしたいところなのですが、その方は消音機能付きのピアノを扱ったことがない為、考え中です。これまでの調律師さんが無理なようなら納品調律(納調は無料サービス)に来ていただいた方にしようかな。

◆ピアノ選びの決め手は…

K様:
そうですね~音かな、、、いややっぱりまずは大きさ、サイズですね。ピアノを置く部屋に入ることと、管楽器(SAX)も吹ける余裕を持ちたい、その上でより良い音だったらいいなぁと思いました。そりゃ~サイズの大きいC5の方がいい音なのはわかっているけれど、置くべき場所に入らなければダメだから。あとは金額かなぁ(笑)
JPS:
金額の面では人気のC3よりもC5の方が若干割安な印象がありますし、今回お買い上げいただいたモデルはサイレント機能も付いているので、中古でも結構高価な方だと思います。
K様:
サイレント機能は面白いですね。夜にサイレントで弾いていると、(コンサートグランドの)きれいな音が鳴るし、リバーブ機能でちょうどいい残響に合わせると、気持ちいいです。
JPS:
ヤマハピアノのサイレント機能は表現力が特に優れているように感じます。生ピアノとあまり変わらないで弾けるのは素晴らしいですよね。
K様:
本当にすごい技術だと思います。ちょっと生音での練習に飽きてきたときに使うと、気分がアップします。たまにはそういうことも大事ですよね。生音での自分の音にうんざりした時は、サイレントだとなんて綺麗な音なんだろうと余韻に浸れます。
JPS:
ピアノを習いに来ている生徒さんの反応はどうでしたか?
K様:
中学生以上ぐらいからは、おっ!?という反応がありますが、小学生ぐらいだとあまりピアノ自体には興味がないようです(笑)
JPS:
他のお客様には最後に「なぜ当社を選んでくださったのか」という質問をするのですが、聞くまでもないですね(笑)

ピアノはピアノ専用の部屋に設置されていて、画像の通りおしゃれでセンスのいい空間でした。
なんと手作りのプリンと焼き菓子をいただきました!!とってもおいしかったです。ごちそうさまでした。

これからも末永くピアノと共に音楽のある生活を楽しんでくださいね♪

Posted in お客様インタビュー Tagged with: , , ,

8月 16th, 2016 by 中古ピアノ 専門店 ジャパンピアノサービス

YAMAHA グランドピアノ G1E が入荷しました!

YAMAHA グランドピアノ G1E 中古

こちらの YAMAHA グランドピアノ G1E は、1994年製。22年前のピアノですが、消耗がとても少なくコンディションも良好な中古ピアノです。
弊社にてクリーンニングや調整もきちんと実施していますので、安心してお使いいただけます。

Cシリーズの華やかな雰囲気とは少しちがう、落ち着いた感じの音色が特徴です。

アップライトピアノでもの足りなさを感じるようになったら、グランドピアノへのお買い替え時期です。
このYAMAHA G1Eは、リニューアル済みで、なんと76万円(税込み820,800円)と、とてもお求め安い価格になっていますので、おすすめです!

Posted in 中古ピアノ商品のご案内 Tagged with: , ,

8月 12th, 2016 by 中古ピアノ 専門店 ジャパンピアノサービス

YAMAHA YUS3SG 中古ピアノ が入荷しました。
YUS3-SG 中古ピアノ

YUS3SG は、 2006年~2012年まで販売されていたサイレントピアノです。
現行モデルのYUS3SHとは、消音ユニット部分が異なり、ピアノ本体は同じものになります。

YUS3は、ヤマハアップライトの最高峰「SU7」の設計思想を受け継いだYUSシリーズのなかでも、
ゆとりの響板面積と弦長でより豊かな表現が可能な高さ131cmタイプです。
ヤマハらしい明るい音色で、ピアニッシモでもその音色を保っています。
大きい音はもちろんですが、小さい音でもくっきりした輪郭の音を出すことができ、表情ゆたかに演奏する事ができます。

サイレント機能(SGタイプ)は、シンプルながら基本機能が充実したサイレントユニットで、
打鍵情報をきめ細かくキャッチする連続検出の光センサーにより、サイレント時も自然な感覚で演奏できます。

” target=”_blank”>YAMAHA YUS3SG 中古ピアノ 商品ページはこちら

Posted in 中古ピアノ商品のご案内 Tagged with: , , , ,

6月 13th, 2016 by 中古ピアノ 専門店 ジャパンピアノサービス

YAMAHA S400B の お話 Vol.2

~さまざまなジャンルの演奏による試弾~
試作品は、クリストフ・エッセンバッハ、エルマーン・バーンスタイン、園田高広をはじめとする一流のピアニストに試弾してもらい、評価をうけながら、何度も何度も完了を重ね、完成度を高めていきました。
試弾を依頼した演奏家は、クラシックだけではなく、ジャズ等、さまざまなジャンルにおよびました。

完成度を高めるにつれ、
「ヤマハには良いピアノがたくさんあるが、このモデルはそれらとは一線を画している。」
「美しく、ピアニシモからフォルテシモまで尽きることの余裕があり、音質のバリエーションが豊富。」
「力強く、幅広い演奏表現の可能性が広がる。」など、評価もあがっていきました。

海外・国内の試弾レポートをまとめると、
低音は、「力強い迫力と確かな音程感」
中音は、「良く伸びる豊かな響き」
高音は、「ブリリアントで甘さを感じさせる音色」
という評価が圧倒的だったそうです。

こうして、新型モデルは完成形となっていきました。

Vol.3へ続きます。

Posted in ピアノの知識 Tagged with: , ,

6月 6th, 2016 by 中古ピアノ 専門店 ジャパンピアノサービス

YAMAHA S400B の お話 Vol.1

知る人ぞ知るヤマハの銘器「YAMAHA S400B」。
今日は、このS400Bについて、お話をしたいと思います。

昭和54年6月 特別プロジェクト編成!


「スタインウェイがピアニストのステイタスシンボルとなっているのは、品質もさることながら幼いころからスタインウェイの音に親しんでいることも大きい。」
「コンサート用ピアノも大事だが、ピアニストのホームピアノをもっと向上させる必要がある。」
「そういうピアノをこれからプロを目指す若い人たちにもどんどん使ってもらって、ヤマハのファンを育てなくては・・・・・」
「CF(フルコン)をホームユース用に、もっとコンパクトに、低コスト化すれば、そういったピアノができるのではないか」
ヤマハの生産本部と技術陣から生まれた構想により、昭和54年6月、最高級の小型グランドピアノ開発の特別プロジェクトチームが編成されました。

技術陣の苦労
CFと同じ材料をつかっても、単純に小型化するだけでは、CFのような美しい響きにはなりません。
小さくするすることで、振動特性は変わり、新たな欠点も生まれ、さまざまな改良・解析が必要となりました。

フレームはCFの鋳造方法を一部改良。 結果、音の伸びを向上、演奏時の断線も軽減されました。
響板はCFと同じ素材を使用し、響棒、駒の材料設計はスケールサイズにあった新しい工夫がなされました。
ハンマーは、従来の堅めのものから弾力性をもたせた専用ハンマーを開発。
「ヤマハのピアノは弾きやすいが軽すぎる」といわれていたタッチにも着目し、適度な抵抗感をもたせました。

改良に改良を重ね、1年2ヶ月余の間に作られた試作品は73台にもなりました。

続き S400Bのお話 Vol.2 はこちら・・・・

Posted in ピアノの知識 Tagged with: , ,

5月 22nd, 2016 by 中古ピアノ 専門店 ジャパンピアノサービス

YAMAHA YU50MhC-SB 中古ピアノ

輝きのあるマホガニー外装とチッペンデールデザインがとても綺麗な【YU50MhC-SB】が入っていきました。
ベースは、YUシリーズ最上級機種のYU50。
現在のYUシリーズでは、YU11とYU33のみで、YU50タイプはYUシリーズから姿を消してしまっていますので、大変希少です。

Posted in 中古ピアノ商品のご案内 Tagged with: , , ,

4月 29th, 2016 by 中古ピアノ 専門店 ジャパンピアノサービス

YAMAHA YU5  YAMAHA U300MhC 入荷しました。
YAMAHA YU5 中古ピアノ と U300MhC 中古ピアノ

ヤマハYUシリース最上位機種【YU5】と、選りすぐりのマホガニー材と使用した【U300MhC】が入荷しました。
ともに、消耗も少なくコンディション良好のおすすめ品です。

YAMAHA YU5は、YUシリースの最上位機種です。
アグラフやアリコート方式弦押さえを採用するなど、音の響きにこだわりをもって製造されています。
現在、ヤマハのアップライトではYUシリーズ、YUSシリーズともに、アグラフやアリコート方式弦押さえを採用していませんので、音へのこだわりを持ちつつも、SU7ほどのスペックは必要とないとお考えの方には、ぴったりのモデルかと思います。

YAMAHA U300MhCは、スタンダードな高さ131cmタイプ。
広い響板面積と長い弦長を確保できるゆとりのサイズなので、のびのある豊かな響きです。
外装は、マホガニー材。 非常に質の良い材を使用し、丁寧に仕上げられています。
ヤマハの木工技術は本当にすばらしいと思います。

https://www.e-jps.jp/shopdetail/000000000132/  ←YU5【中古ピアノ】
https://www.e-jps.jp/shopdetail/000000000131/ ← U300MhC【中古ピアノ】

Posted in 中古ピアノ商品のご案内 Tagged with: , , ,